40代中小企業工場労働者の投資記録

2019年より、米国高配当株を中心に投資を始めました。40代も半ばを過ぎましたが、60歳までに年間受取配当金額100万円を目指します。株式投資の記録やその他について書きます。

2020年8月末 資産状況

2020年8月末の資産状況です。

 

f:id:tousiroudousya:20200906102705p:plain

f:id:tousiroudousya:20200906102720p:plain

今月は、新たにユニオンパシフィック(UNP)を5株購入しました。鉄道株ですね。前から欲しかった銘柄です。価格はコロナショック前の高値を更新してますね。割安感はないです。配当利回りも、買った時点で、ほぼ2%で高くはないですね。長期保有で、ずっと配当を受け取り続けたいと思っています。

あと、ボーイング(BA)を損切りしました。500ドルぐらい損失を出しました。購入時のほぼ半値での売却です。

そのボーイングを売却したお金でETFのVIGを4株購入しました。ちょうどVIGが4株買えるぐらいの額だったのと、他のETFに比べてVIGの保有額が少なかったので、VIGに買い換えました。

ボーイングは、今、コロナ禍とボーイング737MAXの運航停止が続いていて、苦しい状況が続いています。配当も停止していますしね。

いつかは業績も回復して、株価も戻ってくるのではないかと思いますが、先が読めないので、株価と分配金の成長に期待できるVIGに乗り換えました。

ボーイングは、逆張りで投資してうまくいかなかったですね。AT&Tも逆張りっぽく投資したのですが、こちらはコロナショック前までは含み益もかなりあったのと、今は配当利回りで配当を受け取れているので、割とうまくいった感はあるのですけどね。

米国株は、素直に順張りでいった方がうまくいく感じがしますね。業績のいい企業の方が、コロナショックの株価の下落からの戻りも早かったですし、減配もそんなにないですしね。(私の知っているせまい範囲では)

上の表では損益はプラスになっていますが、今年に入ってからロイヤル・ダッチ・シェルボーイング損切りをして、実際はマイナスですね。

1,000ドルぐらい損失を出してますから、自分にとっては痛いです。

バフェット老師の投資の教えに、

① 損をするな、絶対に。

② ①を忘れるな。

というのがあったのを思い出しますが、そんな事言っても、私のような弱小個人投資家には難しいっすわ。

 

配当の受け取り状況です。

f:id:tousiroudousya:20200906102735p:plain

今月は、AT&T(T)、アッヴィ(ABBV)、スターバックス(SBUX)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)、ペイチェックス(PAYX)、ETFのDIAから、合計7,964円(75.87ドル)の配当金を受け取りました。

昨年と比べて受け取り額はかなり増えていますが、最近は配当利回りの低い株ばかり買っているせいか、受け取り額の伸びはイマイチですね。

このグラフは、三菱サラリーマン(今は穂高唯希)さんがブログで使っている表を真似たものです。

彼は三菱系の企業勤めという属性の良さから生み出される圧倒的な入金力を活かして、配当金のグラフをグングン伸ばしていき、今年、FIREされましたね。

私は、彼のような真似は出来ないのは分かっていますが、自分なりにもう少し配当金の受け取り額を伸ばしたいですね。

とは言え、配当金は株を買えば買っただけ増えるので、モチベーションの維持につながりますね。株を買った後に、これで配当が○○ドル増えたなって思う時が、株をやっていて一番楽しい時かもしれませんね。

 

いろいろと大変な時期ではありますが、頑張って資産を積み上げていきたいと思います。