40代中小企業工場労働者の投資記録

2019年より、米国高配当株を中心に投資を始めました。40代も半ばを過ぎましたが、60歳までに年間受取配当金額100万円を目指します。株式投資の記録やその他について書きます。

4連休中だけどヒマだから書いてみた。

4連休中ですが、ヒマを持て余してます。

どこにも出かけてないです。8月1日にコロナウイルスのワクチン(1回目)が打てるので、それまでのガマンです。

私は、それほどコロナウイルスを恐れている訳ではないのですが、せっかく予約が取れたのにワクチン接種までの間にコロナウイルスに感染したらつまらんな、って考えが浮かんでからは、あまり外に出る気が無くなりました。

まあ、どちらにしろお金が無いので、行く所も無いですけどね。財布の中身が2000円、PayPayの残高が1000円ぐらいですから終わってますね。これで今月末まで逃げ切らないと。

46才にもなった、いい歳した男の所持金ではないですね。全力で投資しているので仕方ないですが、情けない感じがします。

この歳になると先が見えてきますしね。

先って何かと言うと、自分の収入なんかもそうですが、それよりも自分が老いる事と、その先に死んでしまう事ですね。どうかすると、じいさんになる前に死んでしまうかもしれません。

若い頃は、自分が死ぬとか考えなかったですよね。寿命ってまだまだ先で、自分が不老不死とはいわないけど300年ぐらいは生きられるような気がしてました。

そういう、老いとか残りの人生の長さとかがチラチラッと見えてくるんですよね。年を取れば取るほど時間の流れは加速して、月日が過ぎるのも早くなりますしね。この調子だと、すぐにじいさんになってしまうんじゃないかと思います。

そこにきて、この全力投資。よく、若い時しか出来ない経験もあるから、その経験をふいにしてまでまで投資をするのはどうか?、とか、年を取るとだんだんお金も使わなくなるから、年を取った時に一番お金持ちになっても仕方ない、とか言いますね。

私もその通りだと思います。こんな事やってていいのか?と思う事もあります。

でも、私レベルの属性の人間の場合、投資にお金を回すのを止めて、好き勝手にお金を使ったとしても、さほど贅沢が出来る訳でも無く、結局、お金による制約はついて回りますし、年を取ってからも生活のために働かないといけない。健康ならいいですが、健康でいられるとも限らないし、持病や不調を抱えつつ働くのは、しんどいんじゃないかなと思います。

 

それならば、少しでもお金を増やす道を選びたいところですね。仕事での昇給は望めませんから、投資でお金を増やすか、副業するなり何なりして収入を増やしたいです。

まあ、お金の事ばかり言っていても仕方ありませんが、所得の低い人間からすると、お金がある事に憧れますし、お金がある事による安心感ってあると思いますね。ある種のお金信仰みたいな。

では、いくらあると安心なのかと言うと、自分的には最初の目標は1000万円、最終的には3000万円まで増やせれば十分かなと思います。

資産が1000万円を超えたぐらいから資産の増加が加速しだすのではないかと思います。もちろん世界経済が悪くなったり、米国経済が不況になれば、加速どころか減る可能性もありますが、それでも配当金の再投資と給料からの入金で資産を増やしていけば、0→1000万円よりは楽に2000万円まで到達出来るように思います。

2000万円あれば、3000万円に到達するのは更に早くなりますし。3000万円まで増えれば、給料から入金の効果が薄れてくるので、ここを超えたら新規の入金は控えて、配当の再投資や銘柄の付け替えで運用していくだけでいいかなと。

それで、1000万円だと少し心許ないですが、2000万円近くまで資産が増えれば、必要に応じて資産の一部を取り崩すのもありかなと思っています。増やしながら使うのは矛盾しているし、難しいと思いますが、柔軟にやっていけばいいかなと思います。

規模の拡大を求めるとキリがないので、どこかで規模の拡大をストップしないといけないし、ストップしない限り資産は使えないですしね。

これが、FIREを目指すなら話も変わってきて、これぐらいの額だと全然足らないのでしょうが、私のような友人も少なく、人付き合いの苦手な人間がFIREしたら、家族以外の人間との関わりが無くなるのは確実で、そうなると人との関わり方が分からなくなりそうで怖いです。私は、何がしか社会とのつながりを保っていた方がいい人間だと思うので、FIREはしないし、資産の拡大は程々にして使う事も考えていきたいです。

とりあえず資産額が1000万円に到達するまでは、なりふり構わず全力投資を続けようと思います。しんどい時もあるけどね。

あまりにヒマなので、久し振りに資産状況以外の事を書いてみました。

オリンピックも始まってるので、これからはオリンピックでも楽しみます。

 

2021年6月末 資産状況

2021年6月末の資産状況です。

f:id:tousiroudousya:20210702125936p:plain

f:id:tousiroudousya:20210702125953p:plain

資産に関して言えば6月中旬ぐらいに下げて、末ぐらいに戻った感じですかね。
4月末に買ってから、ずっと含み損だったAppleが含み益になりました。2ヶ月で含み損脱出です。なんだかんだで、さすがにGAFAMの一角ですね。マイクロソフトも最高値を更新している様です。本当に大型ハイテク株は強いです。S&P500指数も最高値更新してます。もう素直に、これらに投資しとけばいいですね。そのうち買いたいと思います。
今月はSDYというETFを購入しました。S&P500銘柄の中で連続増配20年以上の銘柄を配当金加重でバランスするETF です。日本ではあまりメジャーではありませんが、海外では人気で運用額もかなりあるようです。配当利回りは3%以下で高いとはいえませんが、将来の増配と長期保有による分配金の受け取りを目的として購入しました。

 

配当金の受取状況です。

f:id:tousiroudousya:20210702130007p:plain

今月は、エンブリッジ(ENB)、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)、ETFのDIA、ネクステラエナジー(NEE)、BP、ウェイストマネジメント(WM)、ブラックロック(BLK)、ETFのSPYD、SDY、VYM、VIGから、合計10,480円の配当金を受け取りました。

今月買ったSDYから分配金が入ってます。私はいつも月末に給料が入ったら、その日に給料を下ろして、給料をドル転して株を買うのですが、今回は分配金欲しさに、SDYの分配金権利落ち日前の6月半ばに購入しました。

購入資金は、あるローンの返済のためにストックしてあるお金があって、それを下ろしてきて買いました。まあ、下ろした分は今月末の給料とボーナスで戻しとけばいいかなって思って。(毎回、こういう事するのは良くないとは思います。)

ただね、このお金を下ろすのに220円かかって、投資用の口座に入金するのに110円、計330円の手数料を取られました。それで、受け取った分配金は税引き後453円。しかも月末にかけて株価が下がって20ドルぐらいマイナスになりました。

チマチマした話をしてますが、変に欲を出さずに、素直にルールを守って月末に買ってりゃよかったです。月末に買ってれば安く買えたしね。

 

これで2021年も半分が終わった訳ですが、この半年を振り返ると、毎月700~900ドルしか購入していないのに、資産は毎月1000ドル近く増えています。

市場全体が上昇気味なので、その恩恵を受けられているようです。今の、この暴落も無く株価が安定して上がっていく様な相場が続いてくれると、株式投資も楽なゲームなんですけどね。まあ、そのうち下がる時も来るでしょう。

米国株は上がったり下がったりしながら、長期的には上がっていくと信じられるし、米国には強い企業が多いので、まだいいですね。

私が、もし、ボラティリティの高い日本株で投資をしていたら、今のような全力投資は出来てないと思います。

むしろ短期~中期的に利益を取りにいくようなトレードを繰り返して、思うようにいかずに含み損を抱えたり、損切りしたりして苦しんでるような気がします。

日本株にも、優待目的で投資したり、いい企業があれば買ってみたい気もしますが、資金に余裕が出来てからですかね。いずれにしても、だいぶ先の話だと思います。

下半期も米国株に全力投資を続けていきたいと思います。

2021年5月末 資産状況

2021年5月末の資産状況です。

f:id:tousiroudousya:20210605154832p:plain

f:id:tousiroudousya:20210605154917p:plain

損益については、先月とあまり変わらない感じですかね。

先月に買ったAppleが含み損です。金利の上昇に伴って割高なハイテク株が売られているそうで、本当に軟調ですね。

以前はチャートを見たりして値動きをある程度予測して買うタイミングを測ったりしていたのですが、いつの間にか配当の権利落ち日が近い銘柄を買うようになって(すぐに配当が欲しいため)、チャートの値動きを見なくなってしまいました。

もう少しチャートとかを見てもいいのかもしれませんが、長期保有するつもりなので、まあいいかな。

今月は、ペプシコ(PEP)を買い増ししました。

ペプシコも連続増配銘柄で、定期的に配当金を運んできてくれるありがたい銘柄です。これでペプシコの一回の配当金額が1,000円を超えてくると思います。前回にペプシコを買った時は7株買えましたが、今回は5株しか買えませんでした。

これはペプシコが値上がりした訳ではなくて、私が投資資金を捻出する事が出来なかった訳で、なかなか苦しい経済状況が続いています。

Twitterのタイムラインで、ボーナスが5万上がった、10万上がったってつぶやいてる人はマジでいい職場に勤めてるなって思いますね。

 

配当の受け取り状況です。

f:id:tousiroudousya:20210605154935p:plain

今月は、アルトリアグループ、AT&T、ベライゾン、アップル、アッヴィ、ブリティッシュ・アメリカン・タバコETFのDIA、ペイチェックス、スターバックスから、合計14,024円(129.78ドル)の配当金を受け取りました。

この配当金をすべて再投資に回してペプシコを買った訳ですが、約8万円分ぐらいしか購入できませんでした。

コロナの影響で給料こそは下がっていないものの残業時間が減ったのと、昨年末の冬のボーナスが減ったのが響いてますね。今年に入ってから、ほとんどの月で目標投資額の月10万円には届いてません。この分だと夏のボーナスも期待できないですから、この先も状況は変わらないと思います。

この際、少し高配当ETFや高配当銘柄を買い進めてみようかと思います。十分な額の投資が出来ないのは、自分にとってはストレスなので、配当金を増やして少しでもたくさんの株を買えるようにしようかと。

捻出できる資金が少ないなら、値上がりの期待できるグロース株を買って値上がり益を狙うのも手だと思うのですが、私はかなり適当な人間ですが慎重派なので、もう少し足下を固めて配当を確保してから、グロース株も入れていけばいいかなと考えています。

恐らくコロナ禍が終わっても、私の働いている業界は業績がコロナ前には戻らない感じがします。これは同業他社でも同じ事を考えている人が多いらしくて、コロナ禍が終わっても業績が戻らないなら慢性的な資金不足に悩まされる事になりそうなので、少し遠回りになるかもしれませんが、しばらくはグロース株をおあずけにして、高配当ETFや高配当銘柄を中心に買って、配当金を投資資金に回していこうと思います。(本当は大型ハイテク株とか欲しいけどね。)

まあ、配当はもらえる額が増えれば増える程うれしいですから、これはこれでいいですけどね。株を始めてから、このかた常に金欠ですから。

自分の投資なので、自分の好きなように進めていきます。

2021年4月末 資産状況

2021年4月末の資産状況です。

f:id:tousiroudousya:20210501140648p:plain

f:id:tousiroudousya:20210501140710p:plain

今月末で、含み益プラス17%ですね。先月末がプラス15%台だったので、先月末より2%ほど増えてました。

この一ヶ月は、毎日、上がったり下がったりだったので、あまり増えてる感じは無かったのですが意外と増えていましたね。今はハイテク株よりバリュー株が上がってるようで、私のポートフォリオにはハイテク株が入ってないので、その恩恵に預かれたのかもしれません。

と言いつつ、今月は、そのハイテク株のアップル(AAPL)を購入しました。私は別にハイテク株を避けてた訳ではないのですが、ハイテク株は配当利回りが低かったり無配だったりするので、配当が欲しい私に取っては手が出しにくかったのです。

ですが、今回のアップルの好決算と、今後5年間の米国での投資額を4300億ドル(約46兆円)に引き上げるとのニュースに、いてもたってもいられなくなって購入しました。

アップルはEVで自動車産業への進出を表明したり、スタートアップの会社を何社も買収して新しいサービスを作ったりしているので、まだまだ伸びるのではないかと思います。(逆にコケる可能性もアリですが…)

まあ、私が会社を見込んだり、値上がり益を狙って投資した場合は、大概、失敗して痛い目をみるので、特定の会社に入れ込んだり、値上がり益を狙ったりするのは止めてたんですけどね。欲しくなって買っちゃいました。

まあ、アップルはGAFAMの一角で、時価総額世界一の会社なので滅多な事はないと思いますが、これでアップルが下がったら、私も逆神の素質があるかもしれません。

もう買ってしまったので、余程の事がない限り長期保有の一択です。

 

配当金の受け取り状況です。

f:id:tousiroudousya:20210501140733p:plain

今月は、ペプシコ、ユニオンパシフィック、ETFのDIAから1,270円(11.63ドル)の配当金を受け取りました。

上のグラフを見ても4月の配当金の少なさが際立っていますね。4月に配当を出す米国企業って少ないですよね。調べてもあまり見つからないし、もう4月の配当金は諦めてます。米国株は3、6、9、12月に配当金を出す企業が多いですね。ETFも大体この月の下旬頃に分配金を出すので偏りがでるのは仕方ないですね。

 

今月は突然、アップルを買ってみたりとか、ほとんど投資方針もなく買いたい銘柄の株を買って、S&P500指数とリターンを競ったりもせず(ちなみにリターンはS&P500には完全に負けています。)、かなり適当にやってますが、それでもプラスリターンになっているのは米国経済や米国企業の強さのおかげですね。

最近は株価が上がりすぎてVYMの配当利回りが3%を切ってしまってたり、PERのかなり高くなってる銘柄も見られるので、どこかで戻しがあるのではないかと心配な面もありますが、米国はまだまだ発展していくのではないかと思うので、引き続き米国株を買い続けたいと思います。

2021年3月末 資産状況

2021年3月末の資産状況です。

f:id:tousiroudousya:20210401090621p:plain

f:id:tousiroudousya:20210401091246p:plain

先月末の時点で、ポートフォリオ全体で8%のプラスだったのが、いきなり15%まで増えました。
よく分からず増えてます。

以前も含み益が15%ぐらいまで増えた事があって、米国株投資は楽しいなって思ったとたんにコロナショックでマイナス圏まで突き落とされました。連日のサーキットブレーカー発動とか、懐かしいですね。

あの時、たまらずに半値まで下がったボーイングと、同じく半値近くまで下がって減配したロイヤル・ダッチ・シェルを売ってしまったのも思い出です。

ボーイングは売って良かったと思います。ロイヤル・ダッチ・シェルは売らずに持っててもよかったかな。

この先は、また上がり続ける米国株の復活ですかね。わからないですけど。まあ、以前と同じぐらいの含み益まで戻ってきました。

 

今月は、ベライゾン(VZ)を買い増しました。別にバフェットがベライゾンを買ったからって訳じゃないです。むしろ、私が今年の頭にベライゾンを買った時にバフェットもベライゾンを買ってたんじゃないですかね。理由は、ベライゾン配当利回りがあの頃4.0%で固定されたように動かなかったからです。ベライゾン配当利回りは、いつもは4.2~4.6%ぐらいなので、ちょっと利回りが低いなって思いながら買いました。その後、スルスルと配当利回りが4.5%ぐらいまで上がったので、「何で!?4.5%で買いたかった(T_T)」って悔しかったのですが、しばらくしてバフェットがベライゾンを買ったと聞きました。それで、あの時はバフェットが買ってたんじゃないかと思った次第です。知らんけど。

今回は、配当利回り4.2%程で買ったので、それ程利回りが高い訳でもないですが、安定した配当金が欲しくて買い増しました。

 

配当金の受け取り状況です。

f:id:tousiroudousya:20210401090652p:plain

今月は、ペイチェックス(PAYX)、エンブリッジ(ENB)、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)、ネクステラエナジー(NEE)、ブラックロック(BLK)、BP、ウェイストマネジメント(WM)とETFのDIA、SPYD、VYM、DIAから合計11,297円(104.91ドル)の配当金を受け取りました。

初めて受け取り配当金が1万円を超えました。もちろん円安ドル高の為替レートの影響もあり、円換算での配当金額が増えたのもありますが、ドルでも100ドルを超えたので、多少、円高でも1万円を超えると思うので、初の1万円超えとしておきます。

うれしいと言えば、うれしいですね。コツコツ積み上げてきて2年以上ですから。

ただ、4月なんかは配当金の入金の少ない月で、受け取る配当金が2千円いくか、いかないかぐらいなので、平均して1万円を超えた時が、やっぱり増えてきたなってって実感出来るのではないかと思います。

 

まだまだ買いたい株がたくさんあるので、少しずつ買っていければなと思います。

2021年2月末 資産状況

2021年2月末の資産状況です。

f:id:tousiroudousya:20210228084452p:plain

 

f:id:tousiroudousya:20210228084512p:plain

先月と較べて損益は、若干プラスですね。

一時はプラス11%ぐらいまで行きましたが、先週ぐらいから下がりだして、今はプラス8%台です。

ですが、私は、どうして先月株価が上がって、どうして今、下がってきたのか、今ひとつ分かってません。

原因は、米国市場の流れが分からなくなっているからです。

私はBSテレ東ニュースモーニングサテライトという番組をたまに見て、米国市場の動きとか、ニュースなどの情報をつかんでいたのですが、昨年末に引っ越しをしまして、新しく住んだアパートではBS放送が写らないと思いこんでいて、モーサテを見ていませんでした。

モーサテは米国市場の情報を分かりやすく伝えてくれる番組だと思うし、米国市場を扱ったニュース番組は、私が知る限り他に無いので、この番組は重宝してました。

 

ところが、つい先日、NHKから電話があって、「BS放送が受信出来るかどうか確認して、BSが写るならBSの契約をしてくれ」としつこく言ってくるので、ひょっとして、このアパートはBS入るんじゃないかな?って思って、アンテナ線を差し替えたりいろいろやったら、BS放送が入りましたね。

どうも、引っ越し当初の私のアンテナ線のつなぎ方がまずくて、写らないと思っていただけでした。本当にアホですね。

これで、モーニングサテライトが見られるので、米国市場の動きにも付いていけます。

モーサテはBS放送なので、私のようなテレビ東京が写らない地域でも見ることができますし、モーサテはおすすめしますよ。

 

話がそれました。

今月は、VIGを5株購入しました。日本円にして7万円ぐらいです。新型コロナウイルスの影響で、会社の仕事が減って、昨年末のボーナスが下がったのと、残業が減った事による収入減で、目標の月10万円の買い付けに到達出来ませんでした。

2月に受け取った配当金も全部再投資に回して、この額です。

まあ、仕方ないですね。無い袖は振れないですからね。

出来るだけの事をするだけです。

 

配当金の受け取り状況です。

f:id:tousiroudousya:20210228084526p:plain

今月は、AT&Tベライゾンブリティッシュ・アメリカン・タバコ、アッヴィ、ETFのDIAから、合計7,883円(75.66ドル)の配当金を受け取りました。

前年の2月は、7,416円(68.29ドル)だったので、あまり伸びませんでした。原因は、昨年と今年の為替レートの違いと、ペイチェックスからの配当金が昨年は2月に入ったのに対して、今年は3月にずれ込んだためだと思います。

しかし、一番の理由は、昨年から高配当株一辺倒の投資から、配当の成長も見込める銘柄も購入するようになったので、購入株の配当利回りが下がった為ですね。

そんな事もあり、ここにきて投資方針がよく分からなくなってきました。

本業の収入が減っているので、やはり配当金がたくさん入ってくる高配当株をしばらく買おうかな~、と思ったりもするのですが、その反面、キャピタルゲインの方が資産が増えるのが早いので、グロース株もそろそろ買おうかな、と思ったり。

グロース株と言っても、アップルとかマイクロソフトとかビザとか、大型グロース株ですけどね。QQQとかも買ってみたい。(まあ、最近、この辺は調子悪いですけどね)

更に、ETFも定期的に積み立てたいし。

もう、欲しい物を好きに買い出したら、良く言えば型にはまらない、悪く言えば方向性のない、ぐちゃぐちゃの投資になってしまいそうですね。

まあ、いいんですよ。自分の資産運用ですから、好きにやれば。多少、パフォーマンスが悪くても、楽しければいいんです。(たぶん)

長期的に資産を積み上げていけば、それなりに豊かになれるはずです。(知らんけど)

 

2021年1月末 資産状況

2021年1月末の資産状況です。

f:id:tousiroudousya:20210130145049p:plain

f:id:tousiroudousya:20210130145115p:plain

先月末に10%ほどあった含み益が6%台になりました。米国株全体が下げていて、下げた理由がジョンソン&ジョンソンのコロナウイルスのワクチンの治験の結果を受けてとか、よく分からない理由でした。

もう、アメリカではワクチンの摂取が始まっているし、ジョンソン&ジョンソンのワクチンの治験の結果でこんなに下げるかなって気もします。

まあ、米国株は本当に上がるので、下がった時が買い時なのかもしれませんね。

この株価の上昇が実体経済と合っていないのではないか、とか、バブルの懸念は拭えませんが、私は長期積み立てしか出来ませんから、毎月、米国株を購入するのみです。

今月は、ETFのVYMを9株、購入しました。

私の年間の投資金額の目標がNISA枠の使い切りの120万円。毎月10万円の米国株の買い付けを目標にしていますが、今月は自分の捻出した資金と受け取った配当金を合わせても9万円ぐらいの捻出がやっとでした。

来月には、自動車保険の更新もあり、まとまった額の支出があるので厳しい状況が続きますね。

新型コロナウイルスの影響が仕事にも出ていて、雇用調整助成金をもらうために週1~2日は仕事を休んでいるような状態なので、残業や今年の夏のボーナスにも、あまり期待は出来ないですね。

NISA枠の使い切りは、もう半分諦めていて、年末にNISA枠が余っていれば、一昨年にNISAで買った株を一部売って、また買い直そうかなと思っています。一昨年に買ったのでまだ非課税の期間は残っていますが、早めのロールオーバーみたいな感じで、一度売って、また同じ銘柄を買うか別の銘柄にするかは分かりませんが、もう一度買い直そうと思っています。すでに、そんな事も考えています。

 

配当金の受け取り状況です。

f:id:tousiroudousya:20210130145133p:plain

今月は、ユニオン・パシフィック、ペプシコ、アルトリアグループ、ETFのDIAから、合計4,697円(45.74ドル)の配当金を受け取りました。

ドルベースでは、9ドルほど配当金が増えてるのに、円ベースでは700円ほどしか配当金が増えてませんね。これは、昨年と今年の為替レートの違いのためだと思います。

昨年から、購入する株を高配当株中心から、増配を見込めそうな銘柄を中心とした投資にシフトしたため、配当金も前年比であまり増えなくなってきました。

少しつまらない思いもありますが、将来的に配当金の増加と、企業の成長によるキャピタルゲインと取れればいいなと思っています。

まあ、それには黙って長期投資するのみなので、これからもコツコツと資産を積み上げていくのみです。